東日本大震災 八ヶ岳から鎮魂の祈り

東日本大震災から2か月が経ちました。大型連休の5、6日と八ヶ岳に「鎮魂の祈りの山行」に行ってきました。登山口の美濃戸口から約4時間。中山乗越に着くと横岳西壁を代表する岩峰「大同心」「小同心」の威容を見ることができます。

画像

『勧自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄  舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色...』…「般若心経」の一節を「八ヶ岳の大同心と小同心」にあげました。
2011年3月11日2時46分に起きた「東日本大震災」で、多くの人々がお亡くなりになり、いまだに行方不明の方と合わせて犠牲者は、2万人を超えています。
今は、犠牲となった方々へ、ただただご冥福をお祈りすることしかできません。

画像

未曾有の大震災からはや2か月(5月11日にブログ投稿)、私は連休中“鎮魂の山行”に行ったのは、3月11日の大震災を職場で始めから業務として立ち会ってしまったからです。その時以来、心の中に鎮魂のため八ヶ岳に行ってみたいと思っていました。八ヶ岳は例年より春の訪れが遅く、残雪が多いようでした。

画像

八ヶ岳は、古くは縄文の人々からも畏敬を集めた「神々が座する峰々」です。今回の“鎮魂の山行”は、江戸時代の山岳信仰の象徴「大同心」と「小同心」へ祈りを捧げることでした。
「大同心」と「小同心」は、袈裟をまとった僧侶が横岳の本峰、奥之院を守るように読経をしている姿と言われる岩峰です。(注1)
また、日本中のクライマーを魅了する名峰でもあります。

画像

八ヶ岳の峰々は、阿弥陀岳、権現岳、地蔵ノ頭、石尊峰、奥之院、天狗岳…等 古くからの山岳信仰の関わりを示す名称が数多く残されています。
もちろん、立山、剣岳、比叡山、高野山…など日本の峰々の多くは、山岳信仰の聖地です。
世界の山々もヒマラヤをはじめ多くの高嶺は、神々が座る「神の聖地」として、一つの山を一座と数えます。
そして、古くから山ろくの人々の信仰の対象となっています。

画像

“鎮魂の山行”の帰りの山道・北沢で、道元禅師の「正法眼蔵」第二十五「渓声山色」(けいせいさんしょく)を見るため文庫本の項を開きました。その中に『渓声すなわち広長舌 山色これ清身にあらざることなし』と書かれています。
意味は「渓谷のせせらぎは仏の説法であり、まことに雄弁であった。山の姿は仏の清浄な姿そのものである」

小説家 立松和平氏(注2)は、曹洞宗の開祖「道元」を主人公にした小説「道元禅師」を執筆、その取材過程を通して、「道元」を日本の歴史上の最大の哲学者だと評価しています。その立松氏は、「『正法眼蔵』『正法眼蔵随聞記』(注3)は、深淵かつ美しい言葉の宇宙である。難解きわまりない言葉も多いのだが、味わっているうちに、いつしか私の人生が豊かになる。これが修行ということなのだと、私は嬉しい認識とともに実感する」と記しています。

大震災後の生き方を問う昨今、「立松氏の心の在り方」と「悠久の自然の営み」を私は多くの人に知って欲しいと思っています。

画像

山行の最後に山ろくの湿原で僧侶が座禅を組んでいる姿に似ている「座禅草」(注4)を見ることが出来ました。春遅い湿原の「座禅草」が、私には弥勒菩薩の姿にも似ているような気がしました。
最後に、道元が読んだ和歌「本来面目」を東日本大震災の犠牲者と福島第一原発事故の被災者に捧げます。
この歌は「巡る季節の風景とともに、生きている喜びを表した優しい情感に包まれている」と高く評価されています。

              『春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 冷しかりけり』
画像



(注1)
「八ヶ岳」佐々木亨著 ヤマケイアルペインガイド「横岳の西壁のなかで、ひときわ目にとまる岩峰が大同心だ。袈裟をまとった僧侶が横岳の本峰、奥ノ院に向かって読経をしているような姿の岩峰である。すぐ南には大同心につき添うように小同心がそびえる。同心とは、江戸幕府の配下で主に警務を担当した役人。・・・八ヶ岳では山岳信仰が栄えた江戸時代、この二つの特徴的な岩峰を奥ノ院の守り役と見立てたのだろう」(山名・地名考察より)

(注2)
立松 和平 1947年~2010年 宇都宮生れ。
1960年代後半の学生運動で騒然となっていた早稲田大学に入学、現代文学を学ぶとともに、大学民主化闘争やベトナム反戦運動にも参加。そのかたわら、沖縄や東南アジアを放浪する。1970年「自転車」で第一回早稲田文学新人賞を受賞。1980年「遠雷」で野間文芸賞を受賞。また、テレビなどで栃木なまりの朴とつとした語り口で人気を集める。しかし、盗作事件でテレビ出演などの活動を自粛。その後、「ふるさと回帰運動」「自然保護運動」などを行うかたわら、道元や良寛などをテーマに宗教と人間を探る小説を発表している。
2007年「道元禅師」(上下2巻)で第35回泉鏡花賞を受賞。遺稿ともいえる作品。
    

(注3)
『正法眼蔵』曹洞宗の開祖「道元禅師」の主著。自己の宗教体験を交え座禅によって到達する正法の悟りをあらゆる面から説いた。岩波文庫『正法眼蔵』より。

『正法眼蔵随聞記』道元を師事し、曹洞宗第二祖となった懐奘(えじょう)が道元の教えを記した書。懐奘は、道元より二つ年上で、その学問、教養は道元を上回っていたのではないかという説もある。

(注4)
「座禅草」は、サトイモ科の多年草。仏像の光背に似た花弁の重なりが僧侶が座禅を組んでいる姿に見えることから付けられた。ダルマソウとも呼ぶ。
(Wikipedia)

2011.5.11



八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 (山と高原地図) (単行本・ムック) / 田中光彦/調査執筆
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 八ヶ岳 蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰 (山と高原地図) (単行本・ムック) / 田中光彦/調査執筆 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

百名山 温泉紀行 中信高原と八ヶ岳 美ヶ原・霧ヶ峰・蓼科山・八ヶ岳(DVD)
ハピネット・オンライン
商品種別DVD発売日2005/10/25ご注文前に、必ずお届け日詳細等をご確認下さい。倉庫B関連ジャ

楽天市場 by 百名山 温泉紀行 中信高原と八ヶ岳 美ヶ原・霧ヶ峰・蓼科山・八ヶ岳(DVD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

NHK 日本の名峰 第2巻 尾瀬・八ヶ岳・南アルプス 木曽駒ケ岳、御嶽山ほかDVD2枚+BOOK
朗読社楽天市場店
判型/頁 A5判/50頁 発売日 2007/06/14 極上の日本の山岳をハイビジョン映像でとらえた

楽天市場 by NHK 日本の名峰 第2巻 尾瀬・八ヶ岳・南アルプス 木曽駒ケ岳、御嶽山ほかDVD2枚+BOOK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

まにあ道事務局
2011年10月07日 13:09
はじめまして。
「まにあ道」というサイトを運営しているまにあ道事務局と申します。
突然コメントさせていただいたのは、貴方のブログが大変興味深く
まにあ道にも是非ご掲載していただきたいと思ったためです。

まにあ道とは「趣味と遊びを極める」をコンセプトとした、マニアな知識や情報をみんなで楽しめるコミュニティサイトです。「まにあ」な人もそうでない人も、思い思いの方法で参加されています。

また、まにあ道のコンテンツの一つである「マニアーナ!チャンネル」は
東海テレビの番組「まに=DO!(マニワドゥ!)」としてテレビ番組にもなりました。

貴方のブログの内容はとても興味深く、ぜひまにあ道にも参加していただきたいと思っております。山について書いていただいて、ご自身のブログへ誘導下さい。ライティング料等はお出しできないのですが、少なからず貴方のブログのアクセスアップに貢献できるかと思います。

まにあ道は完全に無料のコミュニティサイトですので、よろしければ
ぜひお気軽にご参加ください!よろしくお願いいたします!

まにあ道
http://www.maniado.jp/

東海テレビ まに=DO!サイト
http://tokai-tv.com/maniwado/

この記事へのトラックバック

  • 霧ヶ峰高原 車山で祈りを

    Excerpt: 3月3日、残雪の霧ヶ峰高原の車山へ行ってきました。 その車山山頂で思わぬ発見がありました。 山頂には車山神社があるのですが、氷饅頭がお供えされていたのです。 誰が、何のためにお供えを置いたの.. Weblog: 八ヶ岳ファンタジー racked: 2013-03-20 16:00
  • 山麓に春の足音を探しに

    Excerpt: ※工事中!! Weblog: 八ヶ岳ファンタジー racked: 2014-04-18 07:47