霧ヶ峰高原に冬が来た

画像

八ヶ岳周辺の山々は紅葉のシーズンも終わりを告げ、いよいよ冬の季節を迎えようとしています。
11月20日、21日と霧ヶ峰高原に行ってきました。夕刻に“冬到来”というような風景がありました。

画像

翌朝、大陸からの寒気で外の温度は氷点下、車山のペンション、ホテルや車も凍っていました。
宿泊したペンションの敷地のいたる所には“雪の造形”が出現。
画像

画像


ペンションのオーナーの話では、初雪との事。
年々、霧ヶ峰高原の車山周辺のスキー場などでは雪のシーズンが短くなってきてスキーヤーも減少しているようです。温暖化の影響が出ているようです。
           ※八ヶ岳周辺の温暖化についてのレポートは
           「ハチドリのエコレポート:霧ヶ峰からの警告」を見てください。
           クリック→ http://blogs.yahoo.co.jp/sirakabaman

でも、カメラ好きにとっては、晩秋の季節の色々な撮影シーンが増えています。
画像

画像

冬の季節になると“雪の造形”や“自然の芸術”が八ヶ岳の山々で見られます。
山々からは、スキーや雪山ハイキングへのお誘いの声も聞こえてきます。

画像


2011.11.28

この記事へのコメント

パソオ
2011年12月15日 15:27
今回は、一目瞭然の素敵な写真が前面に出され、情景が手に取る様に分ります。

写真については、遅ればせながら私も勉強中ですが、ここにUPされている写真は、流石に報道関係者らしいナイスショット、ナイスカットですね。

松本に4年住んでいましたので、冬山の景色はもとより、山が見せる四季の移り変わりの“自然美”は、壮大な“芸術のドラマ”を観ている様でした。

この写真は、松本時代を想い出させる嬉しいページでした!

この記事へのトラックバック