スノーモンスター・ワールドからの招待状

画像


【貴方へ“スノーモンスター・ワールド”からの招待状】
『雪の怪物に見える事からスノーモンスターと呼ばれる樹氷の世界があります。
八ヶ岳の2000メートル(m)以上の山の中でも見る事ができます。
今年は寒波が強い事から“スノーモンスター・ワールド”で見られる色々なスノーモンスターも多いようです。
アルプス一望の冬の絶景!! ぜひ、一度 起こし下さい。 』
画像


招待状に誘われて1月上旬に中央道を降り、北八ヶ岳の蓼科高原に行ってきました。
北八ヶ岳ロープウェーの山麓駅(標高1771m)からピラタススキー場の山頂駅(2237m)まで僅か7分で、そこは一面の銀世界。中央アルプス、南アルプス、南八ヶ岳…が一望。
スキーヤーやスノーボーダーは、そこから「ピラタス蓼科スキーリゾート」の樹氷コースやヒョウタンコース…をいっきにすべり降りることができます。
私は、カメラを手に厳冬の“スノーモンスター・ワールド”の冒険へ出発。
雪のない季節は、観光客も多い「坪庭」も厳冬の期間は、訪れる人も多くはありません。
当日は、寒むくもなく“北欧の森”に似た静かな森林を楽しむ登山客も目につきました。

画像

まずは、目に入ったのが「ゴジラ」です。

画像

東宝から誕生した日本発の怪獣映画「ゴジラ」は核実験によって誕生した水爆怪獣で身長50mとか。
「雪のゴジラ」もひときわ目立って見えました。


日本の怪獣「ゴジラ」もアメリカのハリウッド映画では、少し違った姿。
やはり日本製の「ゴジラ」のほうかしっくりするのは日本人だからでしょうかね。


映画の中の「ゴジラ」は口から強い放射線を発射できるようですが、
スノーモンスターの「ゴジラ」は積もった小雪だけ口から時折出していました。よかった!!




ことしの“スノーモンスター・ワールド”には、アメリカからエイリアンとスターウォーズの出演者の異星生物が参加か?・・・と思われる光景が!!
画像

エイリアンのモンスターは、主人公リプリー(シガニー・ウィーバー)を襲うシーンが忘れられませんね。粘り気のある液体に包まれたエイリアンの口からもう一つの小さな口が現れるシーンはリアリティがあふれていました。

画像

スターウォーズでは、さまざまな異星人が出てきますが・・・惑星タトゥイートンに本拠を置く犯罪王のジャバ・ザ・ハットに似ていませんか? カエルのような顔に太り過ぎの上半身の異星人です。

“スノーモンスター・ワールド”には動物モンスターもいます。
画像

「雪の虎」が叫び声を挙げているように、私にはみえるのです。

画像

もう一つ、「ゴジラの顔」にも、「ワニの顔」にも見えるのですが・・・? 貴方は何に見えますか?

ことしの寒波は強いようです。その影響か?
“スノーモンスター・ワールド”の中でも縄張り争いが激しいようで、こんなシーンも多数みることができます。
画像


画像


“スノーモンスター・ワールド” 最後は、やはり「荒野の決闘」です。
画像

荒くれスノーモンスターのどうしが、雪原で対決。太陽が真上になったら勝負。
どちらが最初に溶けるか?
こんな“スノーモンスター・ワールド” 今年は2月下旬まで見る事が出来るかもしれません。
なにより都会で忘れた自然を見る目を取り戻す事ができるかも。
この冬、貴方も十分な防寒をして“スノーモンスター・ワールド”を訪ねませんか。

画像

2013.1.22

この記事へのコメント

2013年01月22日 21:51
凄い世界ですね。
こちらも雪が多いですが、このような芸術的な作品にはなりません。

標高2000mともなると、寒さより恐怖を感じませんか?

この記事へのトラックバック