春に「万歳!!万歳!!」

画像

「春がきた万歳!!万歳!!」と木々の芽が言っているような。
長く寒かった冬も終わり、5月の山麓には花や木々が生き生きと芽吹いていました。
毎年、この頃の花や木々、そして鳥たちの生命力に感動します。

画像

ことしの八ヶ岳の冬は「いつもより寒く、長かった」と里人が語っていました。
5月の後半まで山々の頂には、しっかりとした雪が見られました。

画像

芝桜が朝露のしずくで、まさに“みず水しく”咲いていました。
古くから日本の旧暦では、5月のこの季節「小満」と呼ぶようです。
命が、しだいに満ち満ちていく季節。
草木も花々も、鳥も虫も動物たちも、人も、春の暖かな日ざしを浴びて輝いていくようです。

画像

「万歳!!万歳!!」と言っているような木の芽も違う場所の木の芽を撮ると
「まるで小鳥の恋人どうしが語らっている」ようなシーンが撮れました。

画像

ぜんまいも寄り添った恋人どうしのようです。

画像

これは蝶か?・・・と思えるような花。
当然 恋人どうしに見えますよね。
ところで、この「小満」の季節の5月23日は何の日か貴方は知っていますか?
ちょっと調べてみると・・・。
五(こい)二(ぶ)三(み)の語呂合わせで、「ラブレターの日」だそうです。
ちなみに日本初のキスシーンがあった映画「はたちの青春」の封切り日が昭和21年5月23日。
・・・という事で「キスの日」でもあるとか。
どうりで木々の間を駆け抜ける風に“青春の甘酸っぱい香り”を感じたのも納得できました。

画像


撮影日2013年5月吉日

この記事へのコメント

パソオ
2013年06月26日 07:05
写真も文章も優しい感じで、微笑ましく拝見させていただきました。自然を愛する方の人柄そのものですね。

この記事へのトラックバック