八ヶ岳でスーパームーンを見たか?

28日夜、TVで「今夜はスーパームーンが見られます」とアナウンサーが言っていたのを聞いて、妻と一緒に外に出ました。下の写真は、その時に、妻が撮ったスーパームーンです。私は撮影に失敗。
ちょうど前日(9月27日)八ヶ岳に来たのですが、妻が「今日が中秋の名月」と言って外に出て月を見ていました。
私はTVを見ていて外に出ず。そのグウタラな私の姿勢がスーパームーンの写真を撮れなかった原因かもしれません?
画像
カメラはキャノンのコンパクトカメラ。誰にでも簡単に撮れる小さな薄く小さなデジタルカメラです。とてもコンパクトカメラで撮ったモノとは思えないです。こんな小さなカメラで「すごい!!」技術の進歩に感嘆。

画像
この写真もコンパクトカメラで撮ったもの、幻想的な八ヶ岳の森も映っています。何か、月に向かって「ウウォ~」と吠える狼の遠吠えも聞こえそうな気に、貴方もなりませんか?

画像(ネットから月の写真)
「Supermoonスーパームーン」て何?・・・分からないので調べました。
「月と地球が最接近した時に月が最大に見える」との事。そりゃそうでしょう。

国立天文台によると、28日のスーパームーンは、ことし最も小さかった3月6日に比べると、直径が1.14倍。明るさは30%ほど増えるとの事。明るいわけです。肉眼で星や星座が見えにくかったのも納得。

ところで地球と月の距離ですが、楕円距離であるために、約35万7000Km~40万6000Kmと変化するのですね。知っていましたか?
・・・最接近する35万7000Kmの満月では、当然 大きさも、明るさも増えるわけです。

また、天文学では、「スーパームーン」という言葉は使われないそうです。
代わりに「Perigeen full / new moon」と言うのだとか。

画像
“☆に願いを”という歌もありますが、“月に願いを”もあるようです。満月に近いほど願いは叶えられるとか?スーパームーンは満月でも最も地球に近いのですから、叶えられる確率も上がると考えるのが普通でしょうか?

画像
また、スーパームーンに向かって財布を振るとお金が貯まるという話もあるようですが・・・?2018年のスーパームーンは、何と何と“1月1日”とか。神社と月に願いをすれば、ご利益も倍増するかも?

画像

これは私が撮ったスーパームーン。失敗ですね。 
私も次のーパームーンでは、しっかりとカメラで撮影し、撮影技量が上がるように“願”を掛けます。 
記:2015年9月30日

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック