八ヶ岳に冬が来た!

画像
         <北八・天狗岳の降雪ライン>
これが雪線(せつせん)?「降雪量と融雪量の等しい地点を連ねた線」と気象学的には説明するようです・・・しかし、この八ヶ岳(天狗岳周辺)の降雪ラインがハッキリと見える状況とは違うようです。
富士山の初冠雪で見られる降雪ラインと同じようですね。冬の到来を伝えると言うことでしょうか?しかし写真のようなハッキリとした降雪ラインは、なかなか珍しい景色のように感じます。
画像
この写真を撮った12月6日早朝の気温は-2℃。やはり東京と違い標高1000m位の高原は「寒い!」。
今季は、「12月も暖冬傾向 雪不足も」「スキー場まだ積もらない雪」・・・等の天気情報がネット上で数多くあります。八ヶ岳山麓で見た「冬の訪れ」を探しました。畑も凍てついて冬景色。
画像
外の水道に“氷柱”も出来ていました。元栓の閉め忘れに注意ですね。
画像
霜柱もいたるところで見る事ができます。
東京周辺では霜柱もなかなか見られなくなりました。土のある自然も都会の子どもたちにも見せたいものですね。
画像
<山里も冬模様>
12月に入り山麓の高原では木々も冬の衣装に衣替え。
黄や紅、緑と彩りを競っていた木々も、冬になり色がすっかり無くなって寂しいかぎり。
冬に入ったばかりで、春が待ち遠しいと思うのは私たち人間だけではないようです。
画像
<木の芽>
木の芽が、寒さに震えているようにも見えます。でもしっかりとした防寒着で守られているようですね。
画像
<木の芽>
赤い木の芽も寒そう。
この赤い芽が氷に包まれ、早朝の朝日にキラキラと光った姿、とっても綺麗な姿を見せてくれるのです。
画像

<山麓の竜神池のカモたち>
山麓の湖やため池などには鴨の姿も多く見られます。
早朝は、小鳥など野鳥も活動も良く観察できます。冬でも生命の息吹を感じる事ができます。
画像
<八ヶ岳冬景色>
7日、快晴。このの天気に八ヶ岳がすてきな冬景色を見せてくれました。今季の冬も安全第一に冬山を楽しみたいものです。2015.12.9

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック