元禄地震と浅間山噴火 何を学ぶか

6月25日の早朝、地震で起きた人も多いと思います。
千葉.jpg
この地震は千葉県北東部で震度5弱の揺れでした。気象庁は「一週間ほど5弱の地震が発生する可能性があるので十分な注意が起きた必要だ」と呼びかけています。この地震は長周期地震動と言われています。長周期地震動とは南海トラフ地震のような規模の大きい地震発生時の周期の長いゆっくりとした大きな揺れの事です。
また火山性地震が続く浅間山などの情報もあり、首都直下地震が今後30年で70%の確率で起こると言う報道が数多く見受けられています。
NHKの防災サイトに「首都圏直下地震 今後30年で70%その根拠は?」と言う特集記事がありました。その中で2014年、政府の地震調査委員会が示した根拠に過去の大地震の歴史分析図があります。
図.jpg
この中に「元禄関東地震」(1703)があり、この地震から大正関東地震の220年の間を一つのサイクルとして見て単純に計算すると27.5年に1回。これをもとに地震学での将来予測の計算式に当てはまると「今後30年以内に70%」という発生確率になると言うのです。

<天下大変の歴史から何を学ぶか?>
国立公文書館のデジタル資料に「資料に見る江戸時代の災害」があります。その過去の歴史で気になる点があります。
僅か5年の間に・・・
▼「元禄関東地震」(1703).。
▼「浅間山の噴火活動」(1704)連続します。
▼「宝永地震」(1707)南海トラフ大規模地震。
▼「富士山の宝永噴火」(1707)と5年の間に。
“天下泰平”ではなく“天下大変”な時代だったのです。

<元禄地震VS関東地震>
元禄16年(1703)11月23日丑の刻(深夜2時ごろ)相模トラフを震源としたM8クラスの地震が南関東をおそいました。
元禄地震震度分フ.gif
「江戸の災害と復興」(江戸文化歴史検定協会)では
【震度は小田原で7、江戸で5~6。江戸では本所、神田、小石川を中心に数多くの家屋崩壊。
江戸1854_1855地震.jpg
江戸城の石垣や櫓も崩れた。また地震の直後に房総半島から相模湾沿岸に津波が襲い被害を拡大させた。伊豆半島東半島では津波の高さが10m以上になった。幕府は、この地震の復興の為に多額の復興資金を支出。市中では物価高騰、経済不安を生じた。巷では赤穂浪士の恨みで起こったという流言がはびこり、翌年には虚説を取り締まる町触れが出ている】としています。
内閣府の防災サイトには、元禄地震と関東地震(関東大震災)と比較したページがありました。図は元禄地震です。
元禄地震図.png
当然、江戸時代の人口(70万人)やインフラ、建築基準など大正時代は違いますが、データを整理して比較しています。
【元禄地震と関東地震は同様に相模トラフで発生する海溝型巨大地震であったと考えられる。元禄地震は関東地震よりやや大きいM7.9~8。元禄地震は震源断層が外房沖まで伸びていて九十九里浜まで津波が被害を与えた。江戸の死者は関東地震に比べはるかに少ない。発生が未明という時間で火災がなく340人。火災が発生した小田原は2291人。一番の死者は房総で6534名】と記載。
当時の江戸は、幕府が救済令も出していない事からも大した被害ではなかったようです。
当時、五代将軍綱吉の治世に対する不満も高まっていたとも言われています。
元禄1.jpg
幕府は元禄地震を理由に元号を「元禄」から「宝永」と改めました。
ある意味“江戸のバブル期・元禄”の終焉です。
しかし、これがさらに大災害を呼び込みます・・・?
<宝永年間と大災害>
宝永元年以降(1703)、浅間山の噴火が相次ぎ起こります。
浅間山噴火というと甚大な被害を与えた「天明の噴火」が知られています。
浅間山噴火1.jpg
今も見る事のできる火山流跡の観光地「鬼押出し」。また「天明の飢餓」として悲惨な飢餓の様子が歴史に残されています。
しかし宝永3年(1706)の相次いだ浅間山噴火でも地元に大きな被害を与えました。
浅間山いま.jpg
さて、現在の浅間山の噴火について気象庁は、【25日午後3時、長野と群馬の県境にある浅間山の噴火警戒レベルを「1(活火山であることに留意)」から「2(火口周辺規制)」に引き上げたと発表しました。 浅間山では「火山性地震」が増加しており、今月20日から25日午後2時までに242回発生しています。気象庁は、火山活動が高まっており、山頂火口から概ね2キロ以内に影響を及ぼす「小噴火が発生する可能性がある」として、警戒を呼び掛けています】報道されています。
浅間山連続噴火の翌年(1707)には、宝永地震と呼ばれる南海トラフの大規模地震が起こりました。
さらに僅か49日後には、宝永の富士山噴火(1707)が起こります。

次回は、宝永地震と富士山宝永噴火を考えます。
https://64407620.at.webry.info/202006/article_2.html


元禄2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

青木繁
2020年06月27日 09:43
読ませていただきました。感想は今にも江戸ではなくて、東京に起きそうな感じがします。本当に災害の多い日本ということを改めて感じます。
今回のコロナのことを考えると、日本の不測の事態への備えはまだ十分ではない様に思いました。東京アラート、ソーシャルシスタンス、ニューノーマル、言葉だけではなくて、政治には生きることへ地に足のついた指導力が問われてるということを、改めて感じます。平安を切に願い、祈るばかりです。
青木繁
2020年06月27日 09:44
読ませていただきました。感想は今にも江戸ではなくて、東京に起きそうな感じがします。災害の多い日本ということを改めて感じます。
今回のコロナのことを考えると、日本の不測の事態への備えは十分ではない様に思いました。東京アラート、ソーシャルシスタンス、ニューノーマル、言葉だけではなくて、政治には生きることへ地に足のついた指導力や判断力が問われてるということを、改めて感じます。
平安を切に願い、祈るばかりです。