宝永地震と富士山噴火 何を学ぶか

前回に引き続き元禄16年(1703)~宝永4年(1707)の僅か5年間の“天下大変”の時代を考えます。浅間山連続噴火の翌年(1707)には、宝永地震と呼ばれる南海トラフの大規模地震が起こりました。 そして49日後には、宝永の富士山噴火(1707年11月23日)が起こります。 悪い事に、冬の江戸では感冒(インフルエンザ)が流行して…
コメント:1

続きを読むread more