テーマ:八ヶ岳

厳冬の八ヶ岳を撮る

1月27日、厳冬期の八ヶ岳へ。今年の1月、凛とした厳冬の八ヶ岳は山麓からは見れなかった。 ますます温暖化の影響が表れているのだ。 しかし、その凛とした厳冬の八ヶ岳は人を惹きつける。だから冬山の凛とした山風景を撮るのだ。 美濃戸口から美濃戸までは車で入り45分かかる道を車では10分位。 便利になった・・・と思いつつも登山力の衰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬が八ヶ岳山里にもやって来た

多くののサラリーマンは仕事納め。故郷へ里帰りの帰省ラッシュ。北海道や東北・北陸地方からは降雪のニュースがTVで流されています。しかし八ヶ岳山麓では、今年も冬の訪れが遅いようです。 退職者の気軽さで12月23日から25日まで八ヶ岳に行きました。冬の気分にならない?山里の木々はまだまさ秋の気配が残っていました。今年の日本の夏は記録的な暑さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓼科高原の鮮度抜群!!夏野菜

ことしの夏は蓼科高原でも30℃超えの猛暑。 その中で朝の高原野菜の収穫作業の姿も見られました。朝取り一番、鮮度抜群の高原野菜。 朝霧の立ち込めた山麓も。。。素敵な風景。 蓼科はレタス、ブロッコリン・・・など高原野菜の産地。 高原の朝、野菜を収穫する方に出会いました。撮影の許可をもらってカメラを向けました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳山麓は春満開

八ヶ岳に20日~22日まで行ってきました。今年の春は、まさに“春満開”と言った感じ!! 「3月が寒くて、その反動で一斉に桜や花が咲いたようだ」と地元の友人の話。 茅野市街地から縄文の湯を上り、エコーラインとの交差点から撮影した八ヶ岳と桜。 道々、桜が咲いていました。普通は、標高が上がると桜の開花前といった風景もあるのですが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳と北帰行

八ヶ岳の南麓にある竜神池にカメラを抱え行ってきました。天気は良く太陽と凍った湖面が印象的。ことしの冬は2月中旬になっても雪が少ない。朝の竜神池の氷も融けかかっているのがイイね。 例年2月は全面結氷の湖面に出会えたのだが・・・その厳しい厳冬の風景が撮影心を刺激するのだが。 薄い氷の湖面に白鳥と思える鳥が一羽。 餌はあるのかな~?など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノーモンスターは何処に

今年、最初の冬山、北八ヶ岳の坪庭に行ってきました。 ところが北八ヶ岳の冬景色の象徴“スノーモンスター”がいない?1月19日、厳冬期なのに。 スノーモンスターではなく恐竜の骨格見本のような樹々の姿があった。 東京から中央道を車で走り2時間半。八ヶ岳南麓に到着。1月中旬なのに山麓から見る八ヶ岳の風景は、秋11月か?春4月か?の景色。と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳山麓~秋模様~

11月に入り、八ヶ岳は秋一色。山麓の秋を撮影。 最近、八ヶ岳の風景に見慣れたのか?「感動がわかない!!」というスランプに・・・デジタルカメラでの撮影にも力が入らないのです。 しかし自然の営みは、素晴らしい。今回は、素直に「紅葉の八ヶ岳」を山麓から写しました。 この写真は、尖石縄文考古館を上がった広見の交差点付近から撮影したもの。青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山魁夷の「緑響く」を訪ねて

「御射鹿池」いまや茅野市の中で一番の観光スポットになっています。 八ヶ岳山麓の奥蓼科温泉の入り口とも言える1528mの高所にある農業用水池です。 日本を代表する画家・東山魁夷が描いた代表作「緑響く」。 この「緑響く」のモデル地が、ここ「御射鹿池」と言われています。 東山魁夷画伯は、信州を第二の故郷として愛し、信州の山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なごり雪。

(^^♪「なごり雪」… 「汽車を待つ君の横で僕は、時計を気にしてる。季節外れの雪が降ってる。東京で見る雪はこれが最後ねと、寂しそうに君がつぶやく。なごり雪も降る時を知り、ふざけすぎた季節のあとで、いま春が来て君はきれいになった。去年よりずっときれいになった…」♪。 作詞・作曲は、伊勢正三さん。 イルカさんが歌い大ヒット。 青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の八ヶ岳山麓ぶらり散歩

この1月下旬、久しぶりに八ヶ岳に行きました。 ことしも雪が少ないようで、写真が趣味の小生には少々もの足りない感じ…でも雪の造形には惹かれますね。この写真は、八ヶ岳南麓から北北東方面の山を背景に蓼科の雪原を写したもの。 雪のある風景は、本当にいいものです。寒さと静寂の中に凛としたものを感じます。山麓の森を散歩しました。雪が少なく木道や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キノコ王国の不思議な住民たち

今年は、キノコがニョキニョキと出ているようです。中には得体のわからないキノコもありますね。私もキノコは、食用キノコか?毒キノコか?などまったくわからないキノコ素人。 そんな私が、今年の秋に八ヶ岳山麓で見つけた“キノコ王国の不思議な住民たち”を御紹介します。 「おかっぱ頭のキノ子と妖精たち」がタイトルです。ちょっこと可愛らしいキノコと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳山麓走:小淵沢駅~蓼科湖(後編)

(前編からの続き)気持ち良く休んだ後、再び八ヶ岳エコーラインを走ります。 木々がほどよい木陰のトンネルをサイクリストに提供してくれます。 御柱の出発点に近い交差点「一番塚」を抜けると風景が変わります。 それは、「木陰のトンネルを抜けると、そこは信濃の国・蓼科であった」と記したくなるような山々が見える風景が表れます。 ちょうどカメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳山麓走:小淵沢駅~蓼科湖(前編)

この夏も、八ヶ岳山麓ではサイクリストの姿が多く見られます。 JR中央線の駅にも、自転車輪行のサイクリストが姿を見かける事も多くなったようです。 昨年も走った「八ヶ岳エコーライン」ですが、今回は、人気のJR中央線「小淵沢駅」(標高881m) から「蓼科湖」(標高1230m)までの八ヶ岳山麓、標高差349m、距離はおよそ30数キロを走…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春に水彩画を楽しむ?

春の大型連休に、「季節は良いし、ゆっくりと水彩画でも描こうか?」と思っている方も多いと思うのです。私もその一人です。「でも水彩画は、専門的に習っていないしなあ~」と思ってしまうもう一人の私がいるのです。そんな私が先週、八ヶ岳の山麓で描いた水彩画。「どうです上手いでしょ?」エコーライン沿いのカフェの庭から、遠くに八ヶ岳、右の歩道の桜並木が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳冬の八ヶ岳 驚きの冬山登山?(後編)

前夜の暖房の残る暖かな山小屋で起床したのが5時前。赤岳登頂への装備の用意をしながら6時の朝食を待ちました。氷点下のテントでの登山用コンロで沸かした朝のコーヒーや紅茶、朝食も良いものですが、暖かな山小屋での朝食は格別です・・・ほとんど観光気分?厳しい“雪と岩の世界”に挑むアルピニストの意気込みは・・・と自問。 南八ヶ岳の主峰・赤岳(28…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

厳冬の八ヶ岳 驚きの冬山登山?(前編)

厳冬の南八ヶ岳に久しぶりに1月15日から行ってきました。雪が少ない。暖かい。稜線上でも風が弱い。山小屋が変わった。アプローチの林道も変わった。登山者も変わってきているような・・・さまざまな変化に驚く事ばかり!! 厳冬期と言えば12月下旬~2月中旬ぐらいかと言うのが私の認識。その厳冬の南八ヶ岳に登ることは自己責任の世界。それなりの知…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳に冬が来た!

         <北八・天狗岳の降雪ライン> これが雪線(せつせん)?「降雪量と融雪量の等しい地点を連ねた線」と気象学的には説明するようです・・・しかし、この八ヶ岳(天狗岳周辺)の降雪ラインがハッキリと見える状況とは違うようです。 富士山の初冠雪で見られる降雪ラインと同じようですね。冬の到来を伝えると言うことでしょうか?しかし写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳でスーパームーンを見たか?

28日夜、TVで「今夜はスーパームーンが見られます」とアナウンサーが言っていたのを聞いて、妻と一緒に外に出ました。下の写真は、その時に、妻が撮ったスーパームーンです。私は撮影に失敗。 ちょうど前日(9月27日)八ヶ岳に来たのですが、妻が「今日が中秋の名月」と言って外に出て月を見ていました。 私はTVを見ていて外に出ず。そのグウタラな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実りの秋のファンタジー

秋と言えば“実りの秋”。四季の中でも、稲・果物・野菜・キノコ・・・など多くの食物の収穫期。 この実りの中にファンタジーな世界を見つけました。  写真の主人公は、八ヶ岳山麓で収穫されたカボチャ、トマト、ジャガイモ、ナス、ピーマンなどの見事な野菜です。中でもカボチャは、カロテンやビタミンを多く含んだ秋の緑黄色野菜の王様。 手前の白いカボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Let’s SANROKUSOU 自転車で山麓を走ろう!!

夏本番!! 青い空と真っ白な雲。高原の爽やかな風。 いま街で流行のサイクリング。夏の季節は少々辛いかなあ~と軟弱な私・・・高原で自転車を走らせてみたいと思うのです。 最近、颯爽と走る自転車の姿を八ヶ岳でよく見かけるようになってきました。 ロードバイクと呼ばれるスポーツタイプの自転車で走る姿は、実にカッコイイ!!…と思うのですが…体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳山麓“彩りファッション番付”

「春の色は?」という問いかけに「若葉の緑色」と答える人。「桜のピンク」「タンポポの黄色」・・・さまざまな答えがあると思うのです。今回は、八ヶ岳山麓で“春の色”をテーマに撮影しました。 さて、八ヶ岳の山麓で春の訪れをいち早く私たちに伝えてくれるのは、鳥のさえずりでしょうか?木々の芽吹きでしょうか? 毎年、私は庭に月面のような穴の残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“冬の八ヶ岳に遊ぶ”とは?

 ことしも冬の八ヶ岳に行ってきました。 でも“冬の八ヶ岳に遊ぶ”という事を考えさせられる出来事が二つありました。 一つは、大学山岳部の南八ヶ岳・阿弥陀岳の遭難。 2月11日、八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で9日から行方不明になっていた大学山岳部の二人が遺体で発見された遭難事故です。 若い二人の遭難は残念でなりません。ただただご冥福を祈るば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋に想う事は?

晩秋に想う事は? 八ヶ岳山麓では、紅葉の季節から晩秋、さらに初冬の季節になってきました。 山里では、紅葉の木々からの落ち葉や稲わらが季節の移ろいを知らせてくれます。 東京でも晩秋という雰囲気になってきました。 ブナやカエデなどの落ち葉が公園や街路で見られます。 まもなくイチョウも葉を落し、都会でも初冬が来たことを木々が知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"夏休み森へ行こう"

“夏休み森へ行こう”    冬が終わり春になると花や木々の生命力に感動します。 さらに新緑の季節を迎え八ヶ岳の森は、鳥がさえずり、若葉の匂いに満ち溢れています。まさにファンタジーな世界が森にあります。 森のファンタジーを探そう!! 初夏、森には若葉の匂い、鳥のさえずり、虫たちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山麓に春の足音を探して

4月中旬(11日)といっても、八ヶ岳の朝は氷点下。 朝日に誘われ、山麓の“小さな春の兆し”を探しに出かけました。 ♪中央フリーウェーイ 右に見える競馬場 左はビール工場 この道は まるで滑走路 夜空に続く♪とユーミンの「中央フリーウェーイ」の歌詞。 中央道は、まさに時空を超える滑走路かも? 写真は、甲府盆地の一宮。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬将軍がやってきた!

1月12日、北八ヶ岳に行ってきました。 午後1時、ピラタス蓼科ロープウェイ山頂駅におりると、そこは快晴の青空の下「-12度」の厳冬の世界が広がっていました。 毎年、必ずといってよいほど冬の北八ヶ岳に来ている私ですが、飽きる事のない雪景色がここにはあります。 南八ヶ岳の険峻な岩稜の峰々と異なり、たおやかな北欧の森を彷彿させる森と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち葉の饗宴

紅葉の木々で鮮やかな色模様になった秋の山々を「山粧う」といいます。 八ヶ岳も例年より遅い山粧う季節を迎えていますが、この寒さで山里の樹も紅葉が進んでいます。 写真の樹木は茅野市民会館の正面入り口の木々、まさに街の樹も紅葉と落葉を競っているよう。樹木が私たちに最後の“もてなしの饗宴”をしているようです。 八ヶ岳の里、茅野市周辺に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏の雨上がりのミステリー

真夏の八月。久しぶりの雨上がりの八ヶ岳。 “水の精”とでも言うような“水の滴”もありました。 心なしか雨の恵みを受け、草木も美しさを競いあっていますが、一方でミステリーな世界も垣間見えます。 屋根から一本の蜘蛛の糸。 芥川龍之介の小説「蜘蛛の糸」では、お釈迦さまが極楽からの一本の蜘蛛の糸を白蓮の葉の間から地獄に降ろし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春に「万歳!!万歳!!」

「春がきた万歳!!万歳!!」と木々の芽が言っているような。 長く寒かった冬も終わり、5月の山麓には花や木々が生き生きと芽吹いていました。 毎年、この頃の花や木々、そして鳥たちの生命力に感動します。 ことしの八ヶ岳の冬は「いつもより寒く、長かった」と里人が語っていました。 5月の後半まで山々の頂には、しっかりとした雪が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

霧ヶ峰高原 車山で祈りを

3月3日、残雪の霧ヶ峰高原の車山へ行ってきました。 その車山山頂で思わぬ発見がありました。 山頂には車山神社があるのですが、氷饅頭がお供えされていたのです。 誰が、何のためにお供えを置いたのかは分かりません。 白樺湖の湖畔から眺めた車山の遠望です。 車山は、長野県茅野市と諏訪市の境目にある霧ヶ峰高原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more